切な流し方の実践を


節水を意識するあまり、あらゆる場面で使用後先ずは「小」で流す習慣の方々が見られます。結果便器の外に流し切れず、再度「小」のレバーを操作するも結果は同じで、ならばと慌てて「大」で流そうとしても、タンク内に十分水が貯まっておらず、結果中途半端に水を流し続けるだけに終始してしまうパターンが数え切れません。

これでは節水どころか複数回無意味に水道を使用するばかりで、結果浪費に他なりません。気分的あるいは自己感覚的な節水習慣が、結果無駄遣いに繋がっている現実を見過ごしておられる方々は、残念ながら潜在的に少なくありません

トイレットペーパー

トイレの水洗システムはいずれも、十分に便やトイレットペーパーを1回の流水で十分流し切れる設計が施されています。「大」で流してもトイレのつまりが生じた場合、トイレットペーパ―の量が多過ぎる、もしくは目に見えぬ排水管のどこかのポイントでつまりが生じ始めているなど、タンクから放たれる水量以外の原因が存在しています。こうしたトラブルに関しても、日々の適切な流し方の実践を通じ、その発生率を確実に押さえる事が叶います。本当の意味での節水効果を中長期的に得るためには、毎回確実に流し切る正しい使用法が欠かせません。