節水に拘るリスク


日々家族全員が各々複数回使用するトイレで使用する水量は、決して少ないとは言えず、僅かな節水の積み重ねが結果、月単位更には年単位で大きな効果を見せるのが現状です。更には台所周りなどとは違い、比較的節水を実践しやすい施設である事からも、トイレの節水を家族全員のスローガンに掲げ、日夜実践されているご家庭も少なくありません。ですがこの節水が結果、トイレのつまりの原因のみならず、目に見えぬ下水管を含めたシステム全体、更には衛生面にもデメリットを届けてしまう可能性が否めません

トイレトラブル

まずはトイレットペーパーをキチンと流し切るに十分な水を流さなければ、当然管は詰まり、逆流など深刻なトイレのつまりトラブルに直結してしまいます。更に不十分な水流で流し続ければ、排水管の内側の劣化や悪臭の原因にも繋がるなど、節水効果を帳消しにしてしまうデメリットが避けられません。

水道代の節約分を消臭剤の費用や、更には専門業者の緊急修理対応費用に費やしてしまえば、結果本末転倒と言わざるを得ません。節水そのものは推奨されるべき習慣ですが、結果的にトイレシステムや環境に悪影響を及ぼしてしまっては意味がありません。確実に流し切るに必要な水量の確保が必須です。