切な流し方の実践を

節水を意識するあまり、あらゆる場面で使用後先ずは「小」で流す習慣の方々が見られます。結果便器の外に流し切れず、再度「小」のレバーを操作するも結果は同じで、ならばと慌てて「大」で流そうとしても、タンク内に十分水が貯まっておらず、結果中途半端に水を流し続けるだけに終始してしまうパターンが数え切れません。

これでは節水どころか複数回無意味に水道を使用するばかりで、結果浪費に他なりません。気分的あるいは自己感覚的な節水習慣が、結果無駄遣いに繋がっている現実を見過ごしておられる方々は、残念ながら潜在的に少なくありません

トイレットペーパー

トイレの水洗システムはいずれも、十分に便やトイレットペーパーを1回の流水で十分流し切れる設計が施されています。「大」で流してもトイレのつまりが生じた場合、トイレットペーパ―の量が多過ぎる、もしくは目に見えぬ排水管のどこかのポイントでつまりが生じ始めているなど、タンクから放たれる水量以外の原因が存在しています。こうしたトラブルに関しても、日々の適切な流し方の実践を通じ、その発生率を確実に押さえる事が叶います。本当の意味での節水効果を中長期的に得るためには、毎回確実に流し切る正しい使用法が欠かせません。

節水に拘るリスク

日々家族全員が各々複数回使用するトイレで使用する水量は、決して少ないとは言えず、僅かな節水の積み重ねが結果、月単位更には年単位で大きな効果を見せるのが現状です。更には台所周りなどとは違い、比較的節水を実践しやすい施設である事からも、トイレの節水を家族全員のスローガンに掲げ、日夜実践されているご家庭も少なくありません。ですがこの節水が結果、トイレのつまりの原因のみならず、目に見えぬ下水管を含めたシステム全体、更には衛生面にもデメリットを届けてしまう可能性が否めません

トイレトラブル

まずはトイレットペーパーをキチンと流し切るに十分な水を流さなければ、当然管は詰まり、逆流など深刻なトイレのつまりトラブルに直結してしまいます。更に不十分な水流で流し続ければ、排水管の内側の劣化や悪臭の原因にも繋がるなど、節水効果を帳消しにしてしまうデメリットが避けられません。

水道代の節約分を消臭剤の費用や、更には専門業者の緊急修理対応費用に費やしてしまえば、結果本末転倒と言わざるを得ません。節水そのものは推奨されるべき習慣ですが、結果的にトイレシステムや環境に悪影響を及ぼしてしまっては意味がありません。確実に流し切るに必要な水量の確保が必須です。

水量とトイレのつまり

トイレットペーパーを過剰に流し過ぎるなど、トイレの詰まりの原因に挙げられる誤った使い方には十分注意を払っているにも関わらず、不具合が断続的に生じてしまい、首を捻っておられる方々もまた、潜在的に少なくないかと思われます。ところが例えば訪問先でトイレを借りた際、ある状況からトイレのつまりの発生のリスクを敏感に察知された、そんなご記憶をお持ちの方々も大路にいらっしゃるに違いありません。清潔に整えられた個室内環境に対しては、不満を覚えるどころか感心させられてしまうトイレですが、1点だけ「惜しい」ポイントが露呈する瞬間です。

節約節水の意図、あるいはご家族に小さなお子様がおられ、大量の水が流れる音を怖がられるなど、何らかの理由が存在している可能性も推察されます。ですが結果トイレのつまりの直接の原因となっているとすれば、やはり適切な改善が求められて当然です。何より一旦つまりが生じ、自力復旧が出来ない状況となれば、その後の対応と何より日常生活上の不具合というダブルの負担が避けられません。更にこの不適正な水洗システムの設定からの継続使用が、結果システム事態に無用な負担を与え、早期劣化に繋がる懸念も見過ごせません

ここでは多くのご家庭でその事例が確認されている、節水が原因のといれのつまりに関し、ぜひ踏まえておいていただきたい正しい知識の確認作業を進めて行きたいと思います。特にご一読からご自宅に該当すると思い当たられた皆様には、速やかな是正対処をお薦め申し上げます。